開業前に読む物

【結論】ハウスクリーニングの仕事をするなら独立した方がいいの?

ハウスクリーニングの仕事をするなら、

独立開業するべき?

 

それとも、

ハウスクリーニング会社に所属して働くべき?

 

【結局どっちがおすすめなの?】

 

そんな疑問を現役ハウスクリーニング職人が解決します。

筆者プロフィールはコチラ

 

 

独立開業のメリットとデメリットを詳しく知りたい方は

こちらの記事を参考にしてください。

 

 

それでは、さっそく結論からいきます。

 

いきなり結論を出します

ハウスクリーニングの仕事をするなら

独立開業がおすすめです。

 

それはなぜ?

次章で詳しく解説していきます。

理由

理由はとってもシンプル。

 

それは、ハウスクリーニング会社に所属するよりも

独立開業した方がメリットが大きいから。

 

もちろん、

これはデメリットとメリットを秤に掛けた結果としての結論。

 

どういうことか、

具体例を交えながら、もう少し深掘りしていきましょう。

 

具体例

当たり障りない一般論を振りかざしても、

なんの意味もないので(笑)

 

ここからは僕の実体験を交えていきます。

 

具体例を出して行くのでイメージしやすいはずです。

 

それではいきます。

 

まず、独立開業の大きなメリットの1つとして、

同じ仕事内容でも自分の収入が増える可能性が格段に上がります。

 

事実、僕が最初の見習い時は日給8,000円でした。

見習い期間が過ぎて一人前と会社に認められれば日給10,000円にアップ。

そういった待遇でした。

ところが、独立開業した現在は1Kの空室清掃で20,000円~35,000円は稼げます。

(エアコンクリーニング無しの売上です)

 

見習い時の日給と比較して、2倍~4倍。

たまに2LDKの空室清掃を1人で1日で終わらせると

6万~7万円くらいの売上になります。

 

やってる掃除内容はほとんど変わらないのに、

収入アップの可能性が格段に上がる。

これが僕が独立開業をおすすめする理由の1つ。

会社で決められた給与の上限がないので、

こんなことも可能というわけです。

 

次に、

上司や同僚との面倒な人間関係で悩むこともありません。

もっとも、これは1人で独立開業した場合ですが。

(従業員を雇うとまた変わってくると思います)

 

僕は1人で仕事をしているので、

会社員時代に悩まされた人間関係のストレスとは無縁の生活を送ってます。

 

他にもおすすめ理由はありますが、

仕事の自由度の高さも魅力です。

 

僕はコロナ渦を機にライフスタイルを見直しました。

コロナ渦前までは、あまり休みを取らずに売上を増やすことばかり

考えてました。

 

ところが、コロナ渦でこれからの人生を深く考える様になりました。

人生の目標は人それぞれですが、

僕は家族との時間をもっと大切にしたいと思うように変化。

 

そこで、仕事をセーブして自由に使える時間を増やしました。

おかげさまで、家族と過ごす時間と自分の趣味に使う時間が増えました。

 

子供が手が掛からなくなったら、

また仕事を増やすかも知れませんが。

 

しばらくは

【月15~20日労働で1人で1日1件のみで、3万円稼ぐスタイル】

のんびり好きなことをして暮らしたいと思ってます。

 

そんな風にライフステージに合わせて仕事量を自分で決められる。

これも独立開業の大きな魅力だと感じてます。

 

つまり

【人間関係のストレスとは無縁に、
自分の力で自由に思いっきり稼いでみたい】

そんな人にとって、独立開業は良いことしかない。

 

 

これが、僕が独立開業をすすめる理由です。

ちょっと待って、注意点もお伝えします

ここまで読んで、

「よーし、じゃあ独立開業するぞ」

って思ったそこのアナタ。

 

ちょっと待ってください。

たしかに、僕は独立開業をおすすめしましたが

注意点もあります。

 

まずは、そこをしっかりチェックしてみてください。

 

これから、非常に大切なことをお伝えします。

 

それは、

独立開業したのに自分で集客できないと悲惨な結末が待ってるということ。

 

具体的には、

ココに注意

  • 特定の取引先から専属の下請け業者として安い単価で
    都合よく使われ、厳しいスケジュールを押しつけられる。
  • 歯を食いしばって仕事をこなしても、正社員ではないので
    怪我や病気をしても取引先からは何の補償もなく使い捨てに
    された。
  • 集客をすべてポータルサイトに頼っていたある業者は
    アカウントをBANされて売上の80%を失った。
  • ポータルサイトが年に何度も行う格安キャンペーンにより
    低単価の価格競争に巻き込まれ、忙しいだけで利益が増えない。
  • 孫請けや同業のヘルプばかりで、休みなく働いても手元に
    お金が残らず身体も心も消耗する一方。

こんな話は掃いて捨てるほどあります。

これでは、独立開業したことでむしろ自由な生活とは真逆になってしまいます。

大事なことは・・・

その注意点を踏まえ、

 

【ハウスクリーニングで独立開業するなら自分で集客できるようになることが大切】

 

そのポイントをしっかり抑えてください。

 

独立開業するってことは、

自分で集客できるからこそメリットを享受できます。

 

裏をかえせば自分で集客できなければ、

ハウスクリーニング会社の社員として働く方が幸せかもしれません。

収入はそれほど期待できませんが(ハウスクリーニング会社の平均年収は350万円と言われてます)

会社が集客してくれるので、指示された現場に行って作業するだけでよいので。

 

 

しかし、どうしても独立開業したい。

だけど集客が不安。

 

そう感じる方もいるはずです。

でも安心してください。

 

なぜなら、

正しいやり方を学び行動を続けていけば、
自分で集客するのは決して難易度の高いことではないからです。

僕も38歳の時に未経験から独立開業して、
集客を勉強してここまでやってこれました。

だから
特別な才能やセンスを持つ一握りの人間しか成功できない
ってことはありません。

 

自己集客の重要性を理解したうえで、もしあなたが

ポイント

人間関係でストレスを感じやすい

組織の一員として働くことに意義を感じない

意味の無いルールや、サービス残業をする会社の風潮に縛られたくない

自分の人生を会社に頼らず、もっと自由に生きていきたい

そう考えるなら、

ハウスクリーニングで独立開業して自由を手に入れる

という選択は非常におすすめです。

まとめ

 

ハウスクリーニング独立するorしない、おすすめはどっち?

僕の結論は、独立をおすすめ

なぜなら、

ココがおすすめ

同じ仕事内容でも収入が増える可能性が高いし、
収入の限界もなく、

面倒な人間関係もない。

働き方の自由度も上がるので、人生の選択肢が増える。
これらは独立する際のデメリットを上回る魅力があるから。

 

注意点としては、

ココに注意

自分で集客したくない、

集客を勉強するつもりがないなら独立はおすすめしない。

なぜなら、自分で集客できないと過酷な下請けを延々と
続けることになり消耗するし、独立したメリットが無いから
(自由もなく稼げない、そして補償もない・・・)

 

 

ココがポイント

正しい集客のやり方を勉強し、

行動をしていけば
決して自己集客は難しくありません

自己集客して売上も安定していけば、

従業員を雇ったり、
外注をして自分の時間を増やしつつ売上を拡大することも可能です。

 

しかし、

ずっと下請けでは、

いつまでたっても経営者のポジションで仕事をすることは難しいのは自明。

 

  • 人間関係でストレスを感じやすい
  • 組織の一員として働くことに意義を感じない
  • 意味の無いルールや、サービス残業をする会社の風潮に縛られたくない
  • 自分の人生を会社に頼らず、もっと自由に生きていきたい

あなたがそう思うなら、独立をおすすめ。

もし集客方法が分からない、集客を勉強したい

そう感じたら僕のブログや無料メルマガを活用してくださいね。

 

最後に解説動画を貼っておきます。

動画で解説を聞きたい方はぜひチェックしてください。

5分あれば見れますのでサクッとどうぞ。

 

無料オンライン講座はじめました

  お掃除ビジネスで効率良く稼ぐ。   低単価で休みなく働く生活から抜け出したい。 これからハウスクリーニングの仕事を始めるから、正しいやり方で努力したい。   そんなあなたを応援する無料オンライン講座です。 いまなら独立開業ハンドブックも無料プレゼント。   これまでに260人以上の方がダウンロードした独立開業ハンドブックを無料プレゼント中。
稼ぐ為に必要なマインドセット最初に知っておくべきポイントスキル0から学べる掃除方法
  以上のことが分かりやすくまとめられています。 『色んなサイトを見たけど、よく分からない』そんな悩みを一発で解消。   フランチャイズ加盟を考える前に、絶対に読んでおきたいハンドブック これからハウスクリーニングを始める人のバイブルになる   そんな声を頂いております。 ぜひ無料プレゼントを受け取ってあなたの仕事に役立ててください。

おすすめ記事はコチラ

1

こんな方におすすめ ハウスクリーニング独立直後で仕事が無くて困っている お金を掛けずにお客さんを増やしたいと悩んでる な ...

-開業前に読む物

© 2023 【ハウスクリーニング独立開業】お悩み解決ブログ